リュイールホット

リュイールホットを使った理由



大好きな彼とのラブタイムを楽しみたいけど、濡れにくかったり痛かったり・・・、
なんだか楽しめない。

それに彼の期待に応えられていないような気がして、最近は罪悪感すら出てきた。

わたしがリュイールホットを使った理由です。

デリケートな問題だから誰にも相談できないですよね。
リュイールホットで解決できることがあるので紹介していきます。

こんな悩みを持っている人にオススメ



大好きな彼との関係を継続させるためにもラブタイムは大切なことですよね。そんな大切なことでも
誰にも相談できないから悩みは深刻。

●最近、燃え上がるような情熱的なラブタイムを過ごしていない
●マンネリ気味で、いつもと違うラブタイムを過ごしてみたい!
●出会ったころのように、心に『刺激』を感じたい!
●どうしようもないほど乱れてしまうような情熱的な時間を過ごしたい!
●痛みでラブタイムが苦痛に感じてしまうことがある
●正直、演技をしている

こんな悩みを持っている人は読み進めてください。

リュイールホットの期待できる効果

ラブタイムで演技をしている女性が多いと聞きますが、男性にはバレていないと思いますか?

きっとバレています。

せっかくの彼女とのラブタイムだし、せっかく彼女が盛り上げようとしてくれているから
それに応えようとして彼もがんばっていると思います。
彼はあなたがから演技から本気に変わってくれるように努力してくれているでしょう。


男性の約98%が「感じやすい女性が好き」と回答しているそうです。

リュイールホットをデリケートゾーンに塗ってからマッサージすると、じわじわと潤ってくるのが実感できます。そんなあなたの反応を見て彼はとても興奮してくれるでしょう。

リュイールホットの成分は?安全?

リュイールホットはデリケートゾーンに直接塗るものだから成分の安全性にはとても気を付けています。


●ワイルドヤム
ラテンアメリカやアジアに自生する蔓性の植物です。限られた土壌でしか育たず、 希少性が高いのが特徴です。女性ホルモンを抽出する原料にも使われています。 ワイルドヤムに含まれるサポニンが、女性の健康をサポートするとも言われています。

●ダミアナ葉エキス
主にメキシコや西インド諸島に広く自生している植物です。古くから、女性のやる気のためのハーブとも言われてきました。 またなぜか不思議と気持ちが高ぶる、とも言われています。

●ヤクモソウエキス(マザーワート)
シソ科メハジキ属の植物です。メハジキの花期に地上にある部分から抽出したエキスです。中国や東南アジアを中心に分布しています。婦人のお悩みを対策する植物として古くから活用されています。花言葉は『よき願い』です。

●ヘチマエキス
ウリ科の植物、ヘチマの葉から抽出したエキスです。江戸時代には大奥の女性達が化粧水として使用していた、とも言われています。台湾や沖縄では食用としても多く活用されています。

●アロエベラ葉エキス
アロエの葉から、抽出したエキスを使用しました。「アロエ」の語源はアラビア語で「苦い」から来ています。アロエにはアロインというアロエ独特の苦みの成分が含まれております。頭皮、毛髪のうるおいを保ちます。

●スクワラン
オリーブ油由来のスクワランです。ベタつきが少なく、しっとりとした質感です。


リュイールホットの梱包は

実際にリュイールホットみたいなラブグッヅを購入するときは、絶対にバレたくないですよね。家族にはもちろん宅配のお兄さんにも知られたくないです。

安心してください。そのへんの配慮はされています。

・無地のダンボール
・絶対に中身がわからないように宅配伝票は「雑貨」
・送付先がわからないように「ナチュラルプランツ商品センター」

これなら家族にバレる心配はありませんよね。


逆に、ギフト用のラッピングもしてくれます。
スタッフさんはみんな女性なので、キメ細やかな丁寧な梱包をしてくれています。
ラッピングは無料なので気軽に頼んでみてはいかがでしょうか。




家族には内緒で受け取りたい

もしかしたら、家族が勝手に開けちゃうかも・・・。そんな人には
「配送の営業所留め」や「コンビニ受け取りサービス」をオススメします。
配送は営業所留めもOK

郵便局留めもできますよ


そして表記名も

1)ナチュラルプランツ商品センター
2)NP商品センター


から選べます。

 

サイトマップ